パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

お客様の声:株式会社I様(板金加工業) CNC パイプベンダー

今回インタビューさせていただいたのは大阪府にある板金加工業株式会社I様です。
株式会社I様は、オフィス家具やインテリア、建設機械業界向けにパイプの加工品を納めていらっしゃいます。
今回弊社のお客様として、CNC パイプベンダーを導入された経緯などをお伺いしました。

導入機種

・CNCパイプベンダー E-TURN

・CNCパイプベンダー ELECT

新しいパイプベンダーを導入したきっかけ

Q:新しいパイプベンダーを導入しようと思ったきっかけを教えてください。

A:従来使用していたベンダー機は、経験値や勘が必要で、少なくともその道1年以上の熟練者が操作する必要がありました。そのため、熟練者の方にのみ仕事の負荷がかかる状態になっていました。そうした状態を是正したくて、未経験の方でも簡単に使用できるベンダー機を探していました。

また従来のベンダー機では、リピート品を製作するする際にも試し曲げが必ず数本必要でスクラップが発生していました。そのため、生産を開始するまでの時間がかかってしまっていました。

上記のような理由から新しいパイプベンダーを導入することを決意いたしました。

BLM Group製の3次元パイプベンダーを選んだ理由

Q:パイプベンダーの中でなぜBLM Group製を選ばれたのでしょうか。

A:そもそもの機械精度が良いということ、そしてシミュレーション機能が充実しており、実際の加工をグラフィック上で確認できるというという点が大きな理由です。それにより、勘や経験値の必要性が低くなるので未経験の方でもプログラミングから量産まですぐに使えるようになりました。

また、BLM Group製の3次元パイプベンダーは全電動式(全てサーボモーターで制御)です。そのため、製品品質のバラツキが少なく、量産品に関しては試し曲げが不要で、スクラップの発生を0に抑えられることに大きな魅力を感じました。

>>電動式と油圧式の違いについて詳しくはこちら

3次元パイプベンダーを導入して良かったこと

Q:実際に3次元パイプベンダーを導入して良かったことを教えてください。

A:いくつもありますが、主に3つです。

1つ目は、様々な曲げRをワンチャックで製作することができることです。従来では複数回の機械段取り変更しなければならなかったものを、一回で製作することが出来るようになりました。これにより、従来より多くのお客様から加工依頼をいただけるようになりました。

2つ目は、未経験の方でもすぐにベンダー機を使えるようになったことです。従来の油圧ベンダーでは難しかったのですが、サーボモーター制御により誰でも品質よく加工することができるようになりました。これにより、工場内の多能工化が進みました。また、作業者による加工精度のバラツキが減って製品の品質が安定するようになりました。

3つ目は、左右曲げが一度にできることです。今までは、曲げ形状によっては機械とワークが干渉しており、曲げることの出来なかった形状も一回で曲げることが可能になりました。

本サイト(パイプ加工機選定ナビ)から購入していただき、良かったこと

Q:実際にパイプ加工機選定ナビから機械を購入していただき、良かったことはありますでしょうか。

A:ご担当者の方に機能面などを詳しく説明いただき、本当に納得できる自社の製作環境に最適な機種を導入することができたことです。またパイプレーザー加工機も同じご担当者の方から導入したので、パイプベンダーと同時にサポートをいただけることも大きいです。

今後の展望

Q:今後の展望について教えてください。

A:パイプレーザー加工機による切断・穴あけ加工とベンダー機による曲げ加工を連携させた、生産性が高いものづくりをしていきたいと考えています。

パイプ加工機選定ナビ担当者からのコメント

株式会社I様は、BLM Group製のパイプレーザー加工機と同時にパイプベンダー機も導入されています。パイプの切断・穴あけから曲げまで一貫して対応できるパイプ加工のトップメーカーになっていただきたいと思っています。

>>株式会社I様のパイプレーザー機に関するインタビューはこちら

>>CNCパイプベンダー機 : E-TURNのカタログダウンロードはこちら

>>パイプベンダー機 : ELECTのカタログダウンロードはこちら