パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

パイプの曲げ加工に使用する、パイプベンダーとは?

パイプベンダーの種類(手動式/油圧式/電動式)について

パイプの曲げ加工を実施する際に使用される、パイプベンダー。そのパイプベンダーにも、採用されている機構によって”種類“があることをご存知ですか?まずは、パイプベンダーの種類についてご紹介致します。

・手動式

パイプベンダーの中でも最もシンプルかつ、もっとも安価な製品が「手動式パイプベンダー」です。こちらは、人の手で加工するため、ある意味最も難易度高い加工と考えることも出来ます。パイプの材質や薄さ、そして加工内容によっては、曲げ加工を実施した際に潰れや割れが発生してしまうためです。それを防ぐためには、加工を実施する人にある程度の経験を要します。このことが、パイプ加工の難しさへとつながっています。

・油圧式

少々大型のパイプベンダーになると、多くの場合「油圧」が採用されております。曲げ加工に要する「力」は大きいため、油圧との相性が良いためです。また、油圧は古くから採用されてきた方式である分、構造が単純であり、コスト面でメリットがあります。しかし、油圧式は、油圧を使用している以上、電動式と比較すると精度の面で不利です。特に、油圧温度が上昇してしまうと、油の特性が変化し、さらに精度が出づらくなってしまうなど、油圧式特有のデメリットも存在します。そのため、近年ではサーボモーターも併用した、油圧・電動式ハイブリッドタイプが広く普及してきております。

・電動式

電動式は、駆動部に高トルクなサーボモーターを使用して、曲げ加工を行います。電動式の最大の特徴は、加工の正確さにあります。特に、全電動式の場合は、モーターが位置制御をすることが可能で、非常に高精度な加工をすることが可能です。しかし、油圧式と比較すると、どうしても構造が複雑になりやすく、また高価格なサーボモーターを複数採用している以上、コストの面で油圧式に劣ります。

BLM Group製 全電動式CNCパイプベンダーについて

BLM Group製パイプベンダーは、先ほどご紹介した各種パイプベンダーの中でも、特に全電動式(すべてサーボモーターで制御)を採用しております。多少コストが嵩んだとしても、加工品の精度と効率性を重要視しているからです。

また、BLM Group製の全電動式パイプベンダーは、他社とは異なる特徴があります。他社製の全電動式パイプベンダーの多くは、「位置制御」のみに対応しておりますが、BLM Group製のパイプベンダーは、位置制御に加え、「トルク制御」も行うことが可能。そのため、曲げ加工を行う際に、ワークに正確かつ均一に力をかけることが可能なだけでなく、万が一供給母材に公差があったとしても、公差を自動で測定し、それに合わせた加工を実施することが可能となるのです。この、公差測定~補正に関しては、位置制御機能のみの電動式パイプベンダーでは、どうしても対応しきれない点で、BLM Group製のパイプベンダーは、加工の正確さで有利です。

また、BLM Groupのパイプベンダーは「1チャック」で大きい曲げRと小さい曲げRを同時に実施可能。

こちらは、電動式ながら、高トルクにてプッシュすることが出来る機構を持ち、かつ、対応することが可能な金型によって実現されています。

このように、高精度と効率性を併せ持ったBLM Group製パイプベンダーにつきましては、パイプ加工機選定ナビにて、お客様の加工内容は生産量に応じた、適切な機種の選定をさせていただきます。ご興味をお持ちのお客様は、お気軽にお問い合わせください。