パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

しわを発生させずに角パイプを曲げる方法

角パイプは丸パイプと比べ、曲げるのが難しいと言われています。というのも、一般的なパイプベンダーでパイプを曲げると、曲げの内側に「しわ」とよばれるボコボコした突起物が出やすいためです。そこでこちらの記事では、しわにお困りのパイプベンダーユーザー様に向けて、しわを発生させずに角パイプを曲げる方法をご紹介します。

なぜ角パイプにしわが発生しやすのか

そもそもなぜ角パイプを曲げると、曲げの内側にしわが発生しやすいのでしょうか。

角パイプには角があるので、金型によるパイプにかかる応力がそれぞれの箇所に均等にかかりません。角パイプの場合、曲げの内側に応力が最もかかってしまいます。そのため、曲げの内側にしわが発生してしまうのです。

解決するポイントは金型にあり

前述しましたように、曲げる際の金型による応力がしわの発生する要因です。そのため、金型の作り方によっては、しわを発生させずに角パイプを曲げることが可能です。

例えば、下記の動画でご紹介しているCNCパイプベンダー機「Elect」では、角パイプを曲げる際にしわが発生しません。

この「ELect」、そして使用されている金型の製造元はBLM Groupという世界No.1のパイプ加工機メーカーです。BLM Groupは、イタリアに本拠地を持ち、アメリカやドイツ、中国、そして日本といった全世界に拠点を有し、60年以上にわたりパイプ加工機を製造しています。そのため、世界中のパイプ加工のニーズが日々蓄積されており、そうしたニーズに応えるための金型のノウハウを保有しています。そのノウハウの中の1つに、角パイプを曲げる際にしわを発生させない金型製作があります。

さらに、そうした独自の金型技術から下図のようなパイプの角の部分も曲げるといった非常に難しい加工もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記でご紹介した「Elect」はもちろん、BLM Group製のCNCパイプベンダーは全て、しわを発生させずに角パイプを曲げることが可能です。

そのため、BLM Group製のパイプ加工機を導入することで対応できる加工の幅が広がり、様々なお客様からの仕事を引き受けることができるようになったとのお声をよくいただきます。実際にBLM Group製のパイプ加工機を導入したお客様の声は下記からご覧いただけます。

>>お客様の声:株式会社I様(板金加工業) パイプレーザー加工機編

>>お客様の声:株式会社I様(板金加工業) CNC パイプベンダー編

パイプ加工機選定ナビを運営するBLM Group Japanでは、実機見学やテストカットサービスを行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

>>実機見学に関するお問い合わせはこちら

>>技術相談に関するお問い合わせはこちら