パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

プレス穴あけと曲げを同時に行うことができるCNCパイプベンダーをご紹介!

この記事を読まれている方の中には、「パイプベンダーでプレス穴あけなんてできるの?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、プレスによる穴あけ機能を搭載しているCNCパイプベンダーとその機能があることによるメリットをご紹介します。

プレス機能が付いているCNCパイプベンダー

まずはこちらの動画をご覧ください。

こちらは、BLM Group製CNCパイプベンダー「E-TURN」です。ご覧の通り、この1台でパイプの曲げとプレスによる穴あけを行うことができます。

通常の工程であれば、パイプベンダーでパイプを曲げた後に、プレス機で穴をあける必要があります。そのため、パイプを機械にセットしたり、持ち運びしたりする時間や行程間の仕掛り品として発生してしまいます。ゆえに、無駄にロット数が増え、必要最低数以上の生産を一度に行ってしまうという流れが出来上がります。

しかし、BLM Group製のパイプベンダーであればプレス機能が付いているため、その分納期短縮と工数削減に繋がり、コストダウンを実現できます。また、小ロット多品種の切り替えにも一役担う機械です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記の動画でご紹介した「E-TURN」を始め、BLM Group製のパイプベンダーは全てプレスによる穴あけ機能を有しています。そのため、工数削減によるコストダウンを検討されているパイプ加工機ユーザー様にとっては最適な機械の候補の1つとなります。

パイプ加工機選定ナビを運営するBLM Group Japanでは、幅広いラインナップを用意し、お客様の工場・工程ごとに最適な加工機をご提案することができます。

また、実機見学も承っていますのでお気軽にお問い合わせください。