パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

高精度、高品質にパイプを曲げるために!サーボモーター制御のCNCパイプベンダーをご紹介!

パイプの曲げ加工の際に使用されるCNCパイプベンダー。そのパイプベンダーにも、油圧式やサーボモーター制御式など、様々な種類があります。高い精度のパイプ加工を求められる場合、サーボモーター制御がおすすめです。本記事では、実際の加工品の観点からサーボモーター制御のパイプベンダーについてご紹介します。

実際の加工品

まずはこちらの加工品をご覧ください。

こちらの製品は、4本のパイプをそれぞれ曲げた後に溶接しており、高精度な曲げが求められる製品です。特に、下図で赤い枠で示しているロール曲げ(別名:バリアブル曲げ)の箇所は制御が特に難しく、油圧式のパイプベンダー単体では曲げることが不可能です。

>>ロール曲げ(バルアブル曲げ)について詳しくはこちら

油圧式のパイプベンダーとプレス機を併用することで曲げることはできますが、工程が多くなってしまい、リードタイムの増加、ひいてはコストアップに繋がってしまいます。

サーボモーター制御式パイプベンダー

こちらの動画をご覧ください。動画の30秒あたりで、高精度なロール曲げを行っています。

本動画で実際にパイプを曲げている機械は、サーボモーター制御式のCNCパイプベンダー「E-TURN」です。サーボモーター制御は、油圧制御のような油の温度による圧力誤差が発生しないため、反復動作を高精度で制御することが可能です。

上記でご紹介した加工品や動画内の製品のような、特にデザインが求められる製品を製作する場合に威力を発揮するパイプベンダーです。

>>CNCパイプベンダー「E-TURN」の資料ダウンロードはこちら

最後に

いかがでしたでしょうか。サーボモーター制御のパイプベンダーでは、高精度な加工をすることが可能です。

パイプ加工機選定ナビを運営するBLM Group Japanのパイプベンダーは、全てサーボモーター制御を採用しています。当社では実機見学も行っていますのでこちらからお問い合わせください。

加工品の精度や効率性でお困りの方はお気軽にご相談ください。