パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

プレス機もボール盤も必要ない!レーザー機とCNCパイプベンダー機によるパイプ加工について

動画はこちら

この動画のポイント

こちらの動画で使用機械は、BLM Group製 レーザー機:LT Fiberと、CNCベンダー機:E-TURNです。
従来、動画の製品を製造する場合、
①材料を必要長さで切断
②曲げ加工を実施
③ボール盤で穴あけを行う(プレス加工で穴あけを行う)
④パイプエンドの切り欠きをプレス機で切り落とす

という工程が一般的ではないでしょうか。

しかし、BLM Group製レーザー機を用いることで、
①母材をレーザー機でカット。同時に穴あけも実施。
その際、ベンダー機用の掴み代には切れこみを入れ、後で取り外せるようにジョイントを付けておく
②曲げ加工を実施
③掴み代の部分を外す
なんと、5工程を3工程に集約することが可能となるのです。
また、レーザー機でカットすることで、動画製品のような切り込み加工を行う際も、
改めてプレス金型を準備する必要がなく、加えて金型交換の段取りも必要としない点も、
レーザー機を使用する大きなメリットとなります。

加えて、動画には登場しておりませんが、3次元測定器を導入し、
パイプベンダー・レーザー機と連携させることで、より高精度で効率的な製造を行うことが可能となります。

まとめ

今回は、プレス機+ボール盤+パイプベンダーから、
レーザー機+パイプベンダーに切り替えることで、大幅な工程集約を実現することが出来るという点で、動画も使用しながらご紹介致しました。
今回の例のように、BLM Group製工作機械を投入することで、工数削減・工程の最適化を行うことが出来るケースがまだまだございます。パイプ加工に関する効率化や工程削減についてお悩みのお客様は、お気軽にBLM Group Japanが運営するパイプ加工機選定ナビへお問い合わせください。
また、パイプ加工品の製作も承っておりますので、下記バナーリンクよりお気軽にご相談ください。

加工品の製作依頼はこちらから!

パイプ加工品製作のことなら
「パイプレーザー加工センター」へお任せください!