パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

どんな曲げRでも一度に曲げる技術

ドロー曲げとロール曲げがある

パイプ曲げの際、曲げRの大きさの違いによって溶接で繋げなければならないことがあります。この機械を使用するとドロー曲げとロール曲げが一度にでき、溶接して繋ぐ必要がなくなります。

ドロー曲げとは、パイプベンダーでの一般的な方法でパイプをクランプで保持した状態で引っ張りながら曲げる方法です。

ロール曲げとは、3本ロールのような方法で回転する機構部にパイプを保持させて、押しながら曲げRを生成する曲げ方です。

使い分けは、曲げRの小さいパイプはドロー曲げじゃないと曲げれません。大きな曲げRはロール曲げじゃないと曲げれません。

では、大きなRとはどのくらいの大きさかというと、パイプ径の10倍~15倍程度の大きさです。

例えば、Φ25のパイプだとR250以上だとロール曲げが可能になります。

大きな曲げRに関しては、ロール曲げの角度を変えるだけで調整が可能ですのでR500でもR1000でもR1500でも同じ金型で生成することができます。

一方、ドロー曲げは金型に巻き付けて曲げRを生成するので、決まった曲げRでしか曲げることができません。

この機械には、最大8個の金型を搭載することができますので、様々な曲げRが含まれた製品であったとしても一度に曲げきることができるので、非常に効率良く製造することが可能となります。

さらに詳しくお知りになりたい方は、こちらよりお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。