パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

パイプの研磨作業が必要のない理由

左曲げ、右曲げが一度にできる?

製品を作る工程を振り返った時、
「何で曲げた部材同士を溶接して、研磨仕上げをしなければならないんだろう?」
と疑問に感じることはありませんか?

その理由として、
「機械と製品の部材が干渉するから」
ということはないでしょうか?

その工程が、
・溶接をしなくてもよい。
・研磨・仕上げ作業をしなくてもよい。
・ただ、曲げて、終了。

となれば、どれだけ製造コストが下がるか想像するとすごいことになりそうですよね。
でもそれ、実際に行っている会社がたくさんあるんです。

それが、『左右曲げを一度に一台で』行うことで、実現します。

ビーエルエムの左右曲げはここがすごい!

左右曲げができる機械は、いくつかのメーカーから出ていますが
ビーエルエムの曲げ機械は、右側に3つの金型。左側にも3つの金型。
合計6個の金型を同時に積載することができます。
また、φ50.8まで対応しているので、左右が一度に曲げれる機械では
世界トップクラスの加工サイズを実現しています。

作業工程の改革、革命を実現できる機械。
それがビーエルエムのパイプベンダー機です。

今一度作業工程を見直してみませんか?
パイプ加工機の関するご相談は、>>こちらより お気軽にご相談くださいませ。