パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

航空業界でも活用されているCNCパイプベンダー機とは?

概要

工業製品の中でも、特に高い安全性が求められる航空機。
その、1つの航空機を製造するのに使用される部品数は、300万点ともいわれています。
また、その中にはパイプ・管が多く使用されており、
代表的なものとして、航空機の姿勢制御などに使用される油圧装置が挙げられます。
油圧装置は、航空機の姿勢制御や、制動装置、降着装置などに使用されており、
航空機の操縦にかかわる重要な装置であり、安全性に直結する部品であることから
当然ながら、製品に高品質・高精度が要求されています。

そこで今回は、最新鋭のパイプ加工機を導入することで、
航空機の部品を、効率的かつ高品質に製造することが出来るようになった事例を
ご紹介致します。

数千~数万種類に及ぶパイプ製品製造の課題

こちらは、ある航空機メーカーで実際にあった事例となります。

航空機に使用されているパイプは、一つ一つ形状が異なるうえ
曲げ回数が多い複雑な形状を呈しているため、量産が難しい部品です。
また、前述のように、高品質が求められる製品であることから、
パイプの形状に誤差は許されません。
加えて、このような曲げ回数が多いパイプ製品の場合、
曲げ加工を行った際に発生する少しの誤差が、曲げ回数を重ねるごとに蓄積し、大きな誤差となってしまうため、
曲げ加工1回につき、誤差をチェックし、修正するために曲げをやり直すという形で、
莫大な工数が発生していました。
しかも、パイプ製品の種類は数千~数万種類に及ぶため、コストの増大も課題となっていました。

しかし、このような課題も、最新のパイプ加工機を導入することで、
大幅な工数・コスト削減に成功することとなります。

最新鋭のパイプ加工機で課題を解決し、ほぼ自動化に成功

このような課題背景から、こちらの航空機メーカー様では、
製造機器更新を中心とした、製造工程の見直しをご決断され、
BLM Group製パイプベンダーと三次元測定機を導されました。
※BLM Group製のカタログのご依頼はこちら

こちらの三次元測定機は、BLM Group製パイプベンダーと連携することが可能です。
例えば、以前であれば製品1つを製造するためには、「カット」「ベンディング」「計測」「修正」を要しておりましたが、
三次元測定機でカットやベンディングの際に生じた誤差を認識。そのデータを、実際に加工を行うBLM Group製加工機械にフィードバックすることにより、
1回の補正だけで、複雑な形状のパイプ加工品を製造することが出来るようになりました。
また、数千~数万種類に及ぶパイプ製品を、このシステム全てで網羅できるようになったため、高品質を担保しながらも、圧倒的な高効率化を実現できたのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このような超高精度を求められつつ、超多品種・大量生産をしなければならないメーカー様には、BLM Group製品は、大きなソリューションとなる可能性を秘めております。BLM Group製品は、製造する製品の内容はもちろん、お客様のご要望に合わせた生産能力に合わせて、細かいラインナップをご用意しております。
そのため、ご興味をお持ちになられましたら、まずはBLM Group Japanが運営するパイプ加工機選定ナビへ、お問い合わせください。
上記のシステムを導入するなど、自動化・各種工作機械の知識豊富なスタッフが対応させていただきます。