パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

パイプ加工の無人化について

工程を無人化出来る!?パイプ加工システムのご紹介

まずは、こちらの動画をご覧ください。

こちらの動画のシステムは、

・パイプ母材の歪み矯正~供給

・エンドフォーミング(端面処理)

・パイプ切断

・パイプ曲げ

上記の工程 を、すべて自動で実施しております。それぞれの工作機械は独立して動作しておりますが、ワークを送る作業には「ロボットアーム」を使用し、また機械同士で連携をすることで、無人での生産を実現しております。上記動画でご紹介している加工システムは、同時に2種類の加工品を1時間当たり112個ずつ製作することが可能です。

パイプ加工の無人化におけるメリットとは?

さて、上記のような複数種類の加工品を、パイプ加工機+人の手で実施しようとした場合、一般的な加工業者さんであれば、リードタイムが長くなってしまい、数日かかるのではないでしょうか。また、人の手で実施した場合、工程が複数ある都合上、同じ工程を1度にまとめて実施することが多いため、どうしても仕掛りが発生してしまうだけでなく、仕掛りから次の工程へ移動させ、セットする点で時間がかかってしまうのではないでしょうか。具体的には、

・材料を購入→1日  (仕掛品)

・矯正、寸法切断→1日  (仕掛品)

・フロントフォーミング→1日 (仕掛品)

・曲げる→1日 (仕掛品)

・バックフォーミング→1日 (完成品)

合計5日かかる、ということも想定されます。 しかし、動画の全自動加工システムの場合は、1日に8時間稼働させると仮定すると、1種類で450個、2種類で900個近くを交互に同時生産することが可能です。そのため、仕掛りが発生しないだけでなく、リードタイムの短縮をも実現することが可能となります。このことは、加工業者様にとって大きなメリットなのではないでしょうか?

完全無人パイプ加工システムの詳細について

先ほどご紹介した動画の加工システムは、BLM Group製加工機を使用することで実現することが可能です。ここでは、上記の加工システムを構成している機種のご紹介を致します。

・3-RUNNER

コイルの状態から矯正することが出来るパイプ矯正機、フォーミング機、そして切断機がこの1台でまとまっており、今回の自動化の要です。

・SMART

曲げ工程に必要なCNCパイプベンダーです。

・E-SHAPE

そして、パイプ端面加工に必要なフォーミング機です。

上記の機種間をロボットアームで供給、送りを実施することで、完全な無人化を実現しているのです。

このように、BLM Group製品は、生産量増大に伴う加工効率化を、自動化ソリューションで対応することが可能です。もちろん、スタンドアローンでの加工機の運用も可能です。パイプ加工の自動化、効率化、高品質化について、少しでもご興味をお持ちになられたお客様は、BLM GROUP JAPANが運営する、パイプ加工機選定ナビまで、お気軽にお問い合わせください。