パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

1台のパイプレーザー加工機が及ぼす影響とは?

今は統合の時代、オールインワンでオペレーションを削減し、生産を最適化する時代です。スマートフォンは多機能ツールの代表格であることに疑いの余地はなく、これらのデバイスは私たちの記憶を支え、締め切りを守り、日々の多くのつまずきから私たちを救うことができる魔法の杖として、数千もの活動を行うことができるのです。

今日、私たちはスマートフォンで、Active Eyeのような簡単なアプリケーションを使って、生産システムのAR(拡張現実)診断を行うこともできるのです。

BLMグループのレーザーチューブシステムは、製造業の中でも特にパイプ加工の分野で同様の役割を担っています。

適切な出力で、金属管の表面に沿って正確かつ顕著な速度で移動するレーザービームは、最も多様な産業において様々なアプリケーションを実現することができます。

適切な出力で、金属管の表面に沿って正確かつ顕著な速度で移動するレーザービームは、最も多様な分野でさまざまな用途に利用することができる。

デザイナーズオブジェの一部となる細いアルミチューブも、橋を支える大きな鉄骨も、レーザーならサイズに合わせたカット、あらゆる形状のジオメトリ、マーキング、面取りをすべて同じシステムで簡単に作ることができます。加工されたエッジはきれいで正確、後の溶接作業にとって重要な熱変位はごくわずかで、生産品質は一定でオペレーターの経験とは無関係です。

大口径チューブおよびプロファイル用レーザー切断システムLT14によるIPEビームのレーザー切断。

長さ切断、バリ取り、ミーリング、エッジ研磨、マーキングなど、必要な作業をすべて行うために複数のシステムを使用する必要はありません。

レーザーは正確な切断を行い、加工されたエッジはバリのない滑らかな状態になります。エラーの原因となりがちな、1つの加工作業から次の加工作業へのハンドリングや再配置は必要ありません。中間工程のためのスペースを占有しない。機械オペレーターの経験に依存することがない。各作業の効率を維持するために、半製品の品質を何度も確認する必要がない。

全ては、ほんの数秒(各パーツを作るのに必要な時間)で、繰り返し可能でミスのない1回の加工作業で解決されます。

クランピングインサートによる角パイプの曲げ加工。

このような利点は、カスタマイズの必要性が高まる中、小ロット生産が主流となる製造業の世界と比較すると、より重要なものとなります。

もう、生産する新しいバッチにそれぞれの機械を適合させるために、継続的に機械的な段取り替えをする必要はありません。必要なパラメータを設定するために、毎回異なるプログラミング環境を用意する必要もありません。

一つのCAD/CAM設計ツールで、部品の全設計をグラフィカルに盛り込み、加工プログラムの形で機械に送ることができます。

窓枠用特殊プロファイルチューブの曲げ加工。

まとめ

あらゆる業界、用途で有効な多機能ツール、それがレーザーチューブです。世界中の何千もの顧客が、彼らのビジネスを成長させ、能力と容量を得ることができたことをよく理解しています。

使い勝手がよく、従来の工具に比べ場所を取らず、一人のオペレーターで多くの作業を迅速に行うことができます。

さらに、パイプ加工機選定ナビを運営するBLM Group Japanでは、実機見学やテストカットサービスを行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

>>実機見学に関するお問い合わせはこちら

>>技術相談に関するお問い合わせはこちら