パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

実践編!角パイプの加工プログラムの作り方とは?

はじめに

CADからCAMを作成するのに、時間がかかっていませんか?

このように、パイプレーザー機の使い勝手を決めるのは、”加工支援ソフト“といっても過言ではありません。

今回は、BLM GROUP製レーザー機の加工プログラムについて、実際の画面をお見せしながらご紹介したいと思います!

従来のレーザー機のCAD/CAMについて

これまで、ソリッドデータ、あるいは3DCADデータから加工プログラムおよびCAMを作る際、皆様はどのように実施されていましたでしょうか。

近年は、CAD/CAMツールの進化が目覚ましく、CADからCAMを起こしやすくはなっています。

しかし、依然として工作機械の特性や性能を深く理解したうえで、手作業でCAMを起こす作業は必要で、その作業に大きな時間がかかるうえ、専門的なノウハウを持っている特定のスタッフしか、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

BLM Group製の加工プログラムについて

しかし、BLM Group製に標準搭載の加工支援ソフトであれば、CADからCAMへの変換は、なんと1クリックで終わります!下記の動画をご覧ください。

上記動画0:15の時点で加工プログラム作成を開始しCAMが出来上がるまで、何と5秒!

もちろん、自動で作成されたCAMの完成度や精度は非常に高く、そのままでも加工を実施することが可能です。

動画では、加工形状の都合上、切り欠きの処理を容易にするために”ひと手間”を加えておりますが、基本的にはCAM作成後の手直しは必要ありません。

これを実現しているのは、BLM GroupがBLM製レーザー機に特化して開発した加工支援ソフトウェア「Artube」です。

Artubeは、BLM Group製工作機械を熟知したエンジニアが、様々な加工条件を想定して設計を行っているため、高精度なCAM作成の自動化を実現できるのです。

このように、BLM Group製工作機械および付属のソフト”Artube”を使用することで、パイプ加工における圧倒的な工数削減を実現することが出来ます。

まとめ

今回は、BLM Group製レーザー機の加工プログラムについて、詳しくご紹介させていただきました。

しかしながら、実際の使用感などについては、動画だけではお伝えしきれないというのが現状です。

そこで、BLM GROUPでは、実機見学につきましても、対応させていただいております。 BLM Group製レーザー機にご興味をお持ちのお客様は、ぜひ、下記よりお申し込みください!

>>お申し込みはこちら