パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

工程が3分の1に! 切断、切削、穴あけが同時にできる丸鋸切断機:EM80

こちらの記事を読まれている方の中には、パイプの切断、切削、穴あけを丸鋸切断機、旋盤、ボール盤でされている方はいらっしゃるのではないでしょうか。本記事は、そのような方必見の機械をご紹介します。

パイプ切断、切削、ドリル穴あけの3工程を1台で集約するEM80

まずは、こちらの動画をご覧ください。

こちらの丸鋸切断機「EM80」の特長は、パイプ切断、切削、ドリル穴あけの3工程を同時に行えることです。パイプを切断している間に、他の箇所を切削したり、穴あけをしたりすることが可能です。

通常、パイプを切断、切削、穴あけをするとなると、丸鋸切断機で切断した後、旋盤で切削し、穴あけをボール盤で行う方法が一般的です。
またこの方法で自動化するとなると、ロボットアームを導入することになりますが、動作が遅かったり、スペースを取ったりといった問題点があります。

しかしEM80をであれば、パイプ切断、切削、ドリル穴あけの3工程を1台に集約できます。

EM80を導入すると得られるメリット

その結果、下記のような恩恵を工場にもたらすことが可能です。


・リードタイムの短縮に繋がる
・省人化が実現できる
・機械の設置面積が減るため、省スペース化に繋がる
・仕掛品処理にかかる時間を省くことができる
・材料の在庫に関わるコストを削減できる

このように、パイプの切断、切削、穴あけをされる方には、EM80は特におすすめできる機種となっています。

>>EM80のカタログダウンロードはこちら

まとめ

いかがでしたしょうか。現在、パイプの切断、切削、穴あけを別々の機械で行っている場合、EM80を導入することで、様々な恩恵を得ることができます。

パイプ加工機選定ナビを運営するBLM Group Japanでは、幅広いラインナップを用意し、お客様の工場・工程ごとに最適な加工機をご提案することができます。

パイプ加工機にご興味をお持ちになられましたら、是非お気軽にご相談ください。