パイプの加工・カットの自動化・省力化や、選定・比較に関する専門情報サイト

  • お問い合わせページへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • instagramへのリンクボタン
  • youtubeへのリンクボタン

パイプ加工機技術記事 詳細

工業生産における 新技術の導入方法

なぜ、あの企業は高価な機械を導入するのか?

生産に新技術を導入することは、製造業、特に金属切削加工分野の多くの企業にとって、ますます一般的な状況になってきています。

企業をこの方向に向かわせる理由は様々で、多くの場合、製造プロセスに関連しています。

  ・より多くの専門的な切断を必要とする特定の顧客の要求への対応

  ・半製品の部品や仕掛品のコスト削減

  ・バラツキをなくし、品質を向上させる自動ソリューションを顧客へ提示

変化は通常、ビジネスのニーズ進化の結果です。ビジネスオーナーやリーダーとして、あなたの優先事項は、競合他社の動きを予測し、生産を拡大し、あなたのビジネスを成長させるために新しい機会を開く、市場での適応性を維持することです。この場合、選択は次のような目標によって決定することができます。

  ・具体的なお客様のご要望にお応えするため、より多くの生産量を必要とする

  ・不可能を可能にする

  ・機械の限界を超えて新たな市場を開拓し、事業を拡大する

もしあなたの会社で新しい金属切削技術の導入を検討しているのであれば、絶対に念頭に置いておかなければなければならない7つの要素をご紹介します。

  ・その選択は今日ではなく明日に向けられていなければならない

  ・金属切削加工の主な発展分野を見据える

  ・市場では、曲げ加工、ハイドロフォーミング加工、プレス加工、深絞り加工のシートを切断する必要性が高まっていることを理解している

 ・品質と精度はオペレーターの経験ではなく、機械に依存していることを認識している

  ・工場内の新技術の互換性を評価する

  ・手作業を伴わない機械が、どの程度熟練労働者を必要とするかを評価する

  ・完璧な金属切断技術は存在しないが、あなたのニーズに最も適したものを判断する

今日ではなく明日に向けた選択

将来のチャンスを取り逃さないためにも、将来のニーズを予測する必要があります。現在のシステムの限界を乗り越えて、変化に追従するだけでなく、変化を予測できる先見性が求められます。

このような観点から、新たな市場を切り開き、ビジネスを拡大していくためには、いくつかの疑問を自分に問いかける必要があります。

  ・今日購入したものは、今までとは全く違う製品を作ることが可能になるのか?

  ・今購入したシステムは、将来の技術にも適応できるのか?

金属切削加工の主な発展分野は?

新しい金属切削技術は、効率的かつ革新的な方法でニーズを取り込むことができるため、最も多様な分野に効果的に適応しています。

特に3D切削技術の発展は、以下のような利点をもたらしました。

  ・生産性:主に自動車、産業車両、オートバイ、プラントエンジニアリング分野で必要とされる。

  ・精度と品質:特に航空宇宙、防衛、ハイエンドの自動車に求められる。

  ・柔軟性と使いやすさ:特に受託加工に適しています。

家具などの分野では、3D切削加工により、より複雑な3D形状を作成することができます。

電気、空調、石油・ガスシステム部品の製造では、プレス加工や深絞り加工されたシートの使用が広く行われています。

自動車、航空宇宙、オートバイ産業では、3DモデリングとFEM(有限要素法)解析の結果、従来の機械部品の多くが、曲線、ハイドロフォーム、三次元、深絞り、または成形チューブに置き換えられています。これらの部品は、車両の軽量化と使用部品数の削減を目的として設計されており、材料の使用量を最適化しています。

金属曲がったパイプ、ハイドロフォーミングパイプ、プレス板、深絞り板を切断するには?

複雑な三次元形状の切断は、金属切断における課題の一つであり、生産性と柔軟性という

相反する要求の間で頻繁に争われています。

生産ロット数量が十分に大きい場合は、ブランキングやパンチングなどの技術、または特定のパンチや金型を備えたその他の特殊な機械の使用が正当化されることがあります。

生産ロット数が少ない場合はどうすればいいですか?

曲げ管の切断を例に考えてみましょう。切断技術の数は、実行する形状や工程の数に比例して増えていきます。

チューブを2つのパーツに切断する必要がある場合は、従来の鋸盤が適しているかもしれません。穴を開けるには、要求される公差に応じて、コラムドリルやフライスカッターで十分です。

しかし、高精度な基準が要求され、チューブ上で切断される形状がより複雑な場合には、この技術が意味する実現可能な形状、切断速度、部品の厚さの点ですべての制限を備えた5軸フライス・マシニングカットを使用することが必要な場合もありますが、十分ではない場合もあります。

厚みが減少し、より高速な切削速度が必要な場合は、5軸レーザー加工がその答えとなります。このソリューションは、3次元プロファイル、湾曲したチューブ、深絞りチューブ、プリントチューブ、ハイドロフォーミングチューブの加工で成功していることが証明されています。

品質と精度は、もはや経験だけの結果ではありません

部品の形状が特に複雑で、機械加工が複雑で種類が増えている場合、製品の品質をオペレーターの経験だけで判断すると、特に再現性の面で多くの欠点が生じる可能性があります。

  ・最も経験豊富なオペレーターであっても、疲れていたり、単に休みの日があったりすることがあるため、結果の品質が同じになることはありません。

  ・人間には休息が必要ですが、機械には必要ありません。そのため、生産性は人間の生理的に必要な休止時間の影響を受けます。

  ・熟練者である人間は、ロボットや機械のような精度を持つことはできないので、同じ精度を持つことは難しいでしょう。

  ・エキスパートの作業者は、今後ますます見つけるのが難しくなり、資格取得コストやレベルの予測が難しくなる。

そのため、完成品の品質をオペレータの経験やスキルに依存しないものにする必要があります。

新技術をシステムに適用するには?

新しい生産システムを導入するには、組織の各部門間の緊密な連携が必要です。

既存の生産システムに新技術を適用すると、多くの変更や重要な問題が発生することがよくあります。

  ・自社の生産システムとの互換性

  ・使用可能なマシン間の互換性

  ・システム自体の自社との相性や保守サービスとの相性

  ・人材育成

以下の質問は、このような状況でよく聞かれる内容です。

  ・どの技術を選べばいいのか?

  ・他のシステムも適応させなければならないのか?

  ・新しい機械の導入は、自社生産システムに適応させられるのか?

信頼できる経験豊富なサプライヤーだけが、有用で実用的な回答を提供することができます。

手作業のない金属切削:仕事はどう変わっているのか?

近年、金属切削加工の技術開発や自動化が進み、人の手による作業は最小限に抑えられるようになってきました。 今日の市場環境では、これは新しい常識となっていますが、競争力を維持するためには十分ではないかもしれません。

生産ロットの削減や部品の種類が増え続けていることから、労働者に求められるスキルが増加しています。機械オペレーターの役割は、もはや積み込み、積み下ろし、検査を行うだけではありません。今日では、高機能な切削システムが導入され、これらの個々の工程に膨大な管理コストや運用コストが発生しています。

これがまさに問題の核心です。熟練した経験豊富なスタッフを見つけ、維持することは困難です。 1つの解決策は、オペレータが生産プロセスを監視し、簡単かつ効果的に介入することができるようにするために、高レベルのプログラミングシステムと簡単なユーザーインターフェイスを備えた機械に投資することです。

以下の機能は、効率を高め、サイクルタイムを節約しながら操作を容易にする上で非常に役立ちます。

  ・非常に使いやすいプログラミングソフトウェア。

  ・複数の機械をまたいで共通のインターフェイス。

  ・作業パラメータの自動設定または適応のためのシステム。

  ・作業プロセスのシミュレーション。

  ・問題を解決できる様々な機能

  ・リモートまたはウェブベースの支援

最適な金属切削技術とは? あなたのニーズに最適なもの

完璧な金属加工技術はありません。何を生産する必要があるのか、あるいは将来のビジョンによってすべてが変わってきます。

ご自身のビジネスに適した技術を見つけるために、ピンポイントで質問をすることをお勧めします。

5軸レーザー加工は、ますます複雑になる3次元プロファイルを柔軟な方法で、他に類を見ない切断品質で加工したいと考えているすべての人にとって、真のターニングポイントとなります。